WEEK : 1 「ソーイによる中村ケンゴ展」

会場:M.I.U. (東京都目黒区青葉台3-18-10 1F)

期間:2019.9.21 (Sat.) - 29 (Sun.)

開場時間:12:00 - 20:00(closed on Wed.)

Opening Reception 9.20 (Fri.) 18:00-21:00

 

WEEK : 2 「中村ケンゴによるソーイ展」

会場:メグミオギタギャラリー (東京都中央区銀座2-16-12 B1)

期間:2019.10.4 (Fri.) - 12 (Sat.)

開場時間:11:00 - 19:00(closed on Sun, Mon, Public Holiday)

Preview 10.3 (Thu.) 17:00-20:00

中村ケンゴ / Kengo Nakamura

 

※展覧会場、会期にご注意ください

中村ケンゴ "Japanese Frogs" 1995-2019,
mineral pigment, pigment and acrylic on Japanese paper mounted on wood panel

MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1

MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

この度メグミオギタギャラリーでは、10月4日から10月12日まで、中村ケンゴとファッションブランドsoe とのコラボレーション記念展「中村ケンゴによるソーイ展」を開催致します。

soe ( ソーイ) は、2001年秋冬シーズンより伊藤壮一郎がスタートさせました。メンズ&レディースウェアを中心に展開し、東京という都市が持つ性質、カルチャー、スタイルを背景としたデザインを表現しています。

中村ケンゴは、Eメールで使われる顔文字を用いた「心文一致」シリーズや、ワンルーム・マンションの間取り図、マンガの吹き出しやキャラクターのシルエットなど、現代社会を表象するモチーフを用いたユニークな絵画を制作し続けてきました。日本画の技法で描かれるこれらの作品は、近代になって生まれた日本の「美術」の概念を相対化する仕事でもあります。様々なシリーズを擁する中村の作品は、現代に生きる私たち現代人にとってリアルな感覚や潜在意識が表現されています。また、絵画制作だけでなく、他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションのほか、展覧会、シンポジウムなどの企画運営を手掛け、現代を代表する美術作家のひとりとして国内外で活躍の場を広げています。

今展は、9月21日から9月28日まで、中目黒M.I.U. にて開催された展覧会と連動し、soe と共作した「心文一致」シリーズや、アーカイブ作品をコラージュしたアイテムも同時に展示します。また、soe と中村による限定スーベニアアイテムの販売もございます。

現代美術家・中村ケンゴとファッションブランドsoe によるコラボレーション記念展をお楽しみいただければ幸いです。

We at Megumi Ogita Gallery are proud to announce Kengo Nakamura and the fashion brand, soe's collaborative exhibition, "soe by Kengo Nakamura” Exhibition from 2019.10.4 - 10.12.

The brand soe was launched during the fall/winter season in 2001 by Soichiro Ito. With a focus on mens-wear and ladies-wear, the brand's design and aesthetic draws from the nature, culture and style of the city of Tokyo.

Noting “Emoticon” series, which draws from emoticons used in email messaging, and use of the floor plans of studio apartments, the familiar imagery of manga character silhouettes and speech bubbles, Kengo Nakamura has continually sustained a production of unique paintings that incorporates motifs, which are emblematic of modern society. Furthermore, in maintaining the techniques and methods of Japanese painting, his works present the notion of Japanese "art" as one born within modernity. Additionally, as if directly addressing his audience, within various series of his work, the artist has maintained a sense of realness in what it is to live- consciously and subconsciously- during the modern, present age.
In addition to his paintings, the artist has collaborated with figures of other genres and, while also planning and managing for several exhibitions and symposiums. He has expanded his field of activity from Japan to abroad as one of the leading artists in contemporary art.

The exhibition works with another venue, at M.I.U. in Nakameguro (from 9.21 - 9.28). Besides the sales launch, which began on 9.21, the co-production of soe and Kengo Nakamura, “Emoticon” - a collage of series, archives and collaborations, have been exhibited as well. There are also limited edition of souvenir items on sale.

We hope you enjoy this collaborative exhibition between the contemporary artist, Kengo Nakamura, and the fashion brand, soe.

©2020 MEGUMI OGITA GALLERY All rights reserved.

2-16-12 B1 Ginza Chuo-ku Tokyo 104-0061 Japan

Tel: +81 3 3248 3405

Fax: +81 3 6228 4372