ブライアン・レオ & アルフレッド・マルティネス 「normal activity」

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

ブライアン・レオ / Brian Leo
アルフレッド・マルティネス / Alfredo Martinez
2019. 1.25(Fri.) - 2.9(Sat.) 
11:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

Opening Reception 1.25(Fri.) 17:30-19:30

normal activity
Finish Line.jpg
《ブライアン・レオ作品》


IMG_7261.jpeg
《アルフレッド・マルティネス作品》


★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

この度メグミオギタギャラリーでは、NYを拠点に作家として活動するブライアン・レオと、アルフレッド・マルティネスの二人展「normal activity」を開催致します。

ブライアン・レオは1976年ニュージャージー州に生まれ、現在NYに在住しながら数多くの個展やグループショウ、アートフェアに参加し、世界中に独自のアートワークを発信しています。
レオはグローバルカルチャー、現代政治、アメリカのアイデンティティなど、現代の社会問題への風刺をビビットな色彩を用いてポップに描き出します。時に「問題作」ともとれる彼の作品のメッセージ性の強さは、The New York Times、The Korea Timesなど多くのメディアから注目を集め、物議を醸してきました。
ポップカルチャーから強い影響を受けたレオは、社会を内側から見つめ、「ペインティングが伝えることのできる領域」を広げることに挑み続けています。


アルフレッド・マルティネスは2000年代初頭の5年に渡り、無数のバスキア作品、真筆の証明書を偽造したことで一躍有名になりました。彼は革紐で弟をロケットエンジンにくくりつけたり、ニューヨークのアートフェアで彼の画商を自作の銃で撃つなど、その行動の多くにはドラマやスキャンダル、狂気が内包されています。
マルティネスは「おれは銃を扱ったり分解したり、実際にどう発砲されるか見たりするのが好きなんだ。」と語り、自身の絵のモチーフとしています。彼は盗作罪での服役中、インクや紙の使用が制限されていたため、書籍や新聞紙で紙を作り、ペンやコーヒーの出し殻を使って銃を描きました。彼にとって服役期間は自らの作品を新たな段階へと引き上げ、現在の作風に大きな影響を与えました。
彼の作品と思考過程は絶え間なく続く戦争や暴動、銃乱射事件の時代の中で生きる私達に関係があるように思われます。


今展では、8×10インチ(20.3×25.4cm)サイズのブライアンの鮮やかなピンク色を背景にしたポップな作品と、アルフレッドのカラフルな銃シリーズの作品を一直線に壁に展示します。

それぞれの方法で社会や美術界へ問題提起を促す作家達、ブライアン・レオ、アルフレッド・マルティネスの二人展「normal activity」に是非ご期待ください。

A dual exhibition “normal activity” by Brian Leo, an artist based in New York City, and Alfredo Martinez will be held at MEGUMI OGITA GALLERY.

Brian Leo was born in New Jersey in 1976, and is currently living in New York City. Taking part in numerous solo and group exhibitions and art fairs, he has released original artwork worldwide. He vividly depicts and satirizes social problems of today, which are global culture, contemporary politics and American identity, in popular taste. Strong messages in his works, which occasionally considered as “issues”, have been remarkable and controversial amongst publications such as The New York Times and The Korea Times. Heavily influenced by pop culture, Leo has challenged himself to expend the area as far as painting delivers with a view from the inside of society.

Alfredo Martinez is notoriously known for his countless copies of Basquiat’s work and fake certificates of authenticity over the course of five years in the early 2000’s. His career has encompassed drama, scandal and insanity such as strapping his little brother to a rocket engine or shooting his dealer at an art fair in New York City with a self-made gun. He says, “I kind of prefer handling them (guns) and taking them apart and seeing how they work to actually firing them”, and has run them on for painting. While he was in prison for plagiarism, under usage restriction of ink and paper, he painted guns with pen and coffee grounds on pieces of paper mashing up books and greeting cards. The stretch has lifted his works to another level and had a considerable effect on his current works. His art and thought process seem relevant to us in this era of continuous wars, riots and mass shootings.

In this exhibition, we shall align 8 x 10 inch (20.3 x 25.4cm) works against a bright pink background by Brian and colorful guns in a series by Alfredo.

It is too good to pass up the exhibition “normal activity” by Brian Leo and Alfredo Martinez, who encourage people to bring society and art into question in respective means.

CURRENT | UPCOMING | PAST