竹谷満 / Mitsuru Takeya「アヴェ・マリア」

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.png


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

竹谷満 / Mitsuru Takeya
2017. 5.9(Tue.) - 5.27(Sat.) 
11:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

Opening Reception 5.9(Tue.) 17:30-19:30

アヴェ・マリア

ニホンシネ.jpg
「ニホンシネ」2017, 29.7 x 21cm, acrylic on paper 

ミュージアム.jpg
「ミュージアム」2017, 29.7 x 21cm, acrylic on paper 

さくらまつり.jpg
「さくらまつり」2017, 91 x 64.5㎝, acrylic on canvas

※銀座2丁目メグミオギタギャラリー内、プロジェクトルームでの開催です。

★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

 この度メグミオギタギャラリー内、プロジェクトルームにて2010年9月以来となる竹谷満 新作個展「アヴェ・マリア」を開催致します。

 1980年生まれの竹谷満は、20代前半のある日、突然絵を描くことを始めました。その後、「描かずにはいられない」という衝動に身を任せ、数多くの作品を描き続けています。
初個展ではギャラリーの壁を埋め尽くすほどの圧倒的な量のドローイング作品を展示し、観客に衝撃を与えました。怪物や化け物、人間や植物などあらゆる生物がまるで物語の一場面かの如く描かれた作品は、海外のアートフェアでも好評を博し、国境を越え世界中の人に愛されています。

 今展では子供を抱く人物の姿を描いた作品を中心に展示します。
社会のなかでは些細な日常としてあたりまえの結婚や出産などが、個人としては人生の大きな変化であることを絵にすることで、改めて考えさせられる問題を鋭く意識させます。
 今を生きる個人と社会を描く天才の絵を楽しみ苦しみましょう。

CURRENT | UPCOMING | PAST