根本寛子 / Hiroko Nemoto「water mirror」

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

根本寛子 / Hiroko Nemoto
2017. 3.31(Fri.) - 4.15(Sat.) 
11:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

Opening Reception 3.31(Fri.) 17:30-19:30

water mirror

「scent of lilac」36.5×36.5cm2017年.JPG
「scent of lilac」2017, 36.5 x 36.5cm, 木製パネル・白亜地・油彩 


「やさしい音色」410×330㎝ 2016年 油彩.JPG
「やさしい音色」2016, 41 x 33㎝, 木製パネル・白亜地・油彩


※銀座2丁目メグミオギタギャラリー内、プロジェクトルームでの開催です。

★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

 この度メグミオギタギャラリーでは、根本寛子新作絵画展「water mirror」を開催致します。根本寛子(b.1981)は武蔵野美術大学、東京藝術大学美術学部絵画科を経て、2008年に東京藝術大学大学院美術研究科で修士課程を修了しました。

 根本は白亜地の技法を用いた精緻な筆致で、実際の現実とは隣り合わせではない世界を描く根本の絵画は、時間と空間の概念、人間にとってのリアリティを根底から激しく揺さぶります。

 2015年の個展では、まず物語を作り細部(表面・内面的なこと)まで世界観を認識することで、臨場感のある物語の一場面を作品を通して提示しました。しかし現在では頭の中に先行する完成のイメージへひたすら近づけていくように描いています。先に見た画像(未来)と自分(現在)との距離・溝を、制作を通し埋めていきます。


「イメージ画像がどのように頭の中で出来上がるのかは自分でも不思議に思うのですが、ふとした時に一枚の「絵」が頭に存在しています。

以前の様に物語を作りながらイメージを練るのとは違い、ひらひらと舞い降りてくるような・・・。

時期がくれば葉が落ちるように、自分の中に蓄積された日々が「絵」として形になるのかもしれません。」


 今展のタイトル「water mirror」は、制作のきっかけとなるイメージ(先に見ている未来)に由来します。
自ら探すわけでもなくふとした瞬間に出会う景色-
クリアにしっかりと見えているにも関わらず、風に吹かれてしまえば一瞬にして消えて無くなる不確かな存在を確かな存在にするに為に、根本は絵筆を握り続けます。

 今展では、よりものそのものの美しさを追求したハンドバックや氷面に浮かぶお城をガラスの鹿達が見守る大作を含む最新の油彩を4点、水彩を5点出品予定です。
根本寛子「water mirror」に是非ご期待ください。

MEGUMI OGITA GALLERY is pleased to present a special solo exhibition of Hiroko Nemoto “water mirror“.
Hiroko Nemoto(b.1981) graduated from a master’s program in Tokyo University of the Arts.

She paints the world which is not next to real one by using a technic of whiting with detailed brushwork. Her works shake up our reality or concept between the time and the space to its foundation.

In her solo exhibition in 2015, Hiroko showed one of scenes of a dramatic story through her works by making original story and then recognizing her own world including her surface or inside. But at present, she tries to paint images which is completed in her brain. She fills the gap/distance of the image(future) and herself(present) by painting.

The title of this exhibition “water mirror” comes from the images in her brain which is the beginning of her works.
She keeps painting to make uncertain things which is easily to disappear even if you can see them clear into certain one.

We will show new 4 oil paintings and also 5 water-color paintings in this exhibition.
We hope you enjoy the special solo exhibition of Hiroko Nemoto “water mirror“.

CURRENT | UPCOMING | PAST