板東優/Masaru Bando「彫刻家の日記」

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

彫刻家の日記 / The diary of a sculptor

bando1.jpg
“光の塊” 2015, 162 x 130cm, oil on canvas


bando2.jpg
“かわたれどき” 2016, 130 x 194cm, oil on canvas


bando3.jpg
無題 2016, 116.7 x 91cm, oil on canvas

板東優 / Masaru Bando
2016. 9.9(Fri.) - 10.1(Sat.) 
11:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

Reception 9.9(Fri.) 17:30-19:30

★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

 この度メグミオギタギャラリーでは、板東優絵画展「彫刻家の日記」を開催致します。
 ブロンズ彫刻家として知られる板東優(b.1952 帯広市)は、1972年から74年にかけて東京造形大学に在籍し、その後イタリアへ渡航し、ローマアカデミア エミリオ・グレコ教室に在学しました。
その後はイタリア、アメリカ、日本を拠点に彫刻家として活躍し続けています。

 板東優は彫刻の本質を表現するため、数十年以上、毎朝同じ時間に外に出て、夜明けと共に自然がその輪郭を露にしていく様子をキャンバスに描き留め続けてきました。
 板東にとって物質と空間の関係性を表す彫刻とは、決してフォルムだけから成っているのではなく、フォルムが内包する自然本来の動きを内側に宿すための芸術手法なのです。
 彫刻の中身を創作するために、絶え間ない自然の有機性を描き続ける行為から生み出された絵画は、人知れぬ芸術へのオマージュとして、未だかつて見た事のない絵画表現として観る者の体幹を揺さぶります。
 今展では194×130cmの大作を含めた油彩絵画と紙に描かれたドローイング計約20点を出品致します。

 彫刻家の絵とは、例えるならば人に見せる事を考えずに書かれた日記のようなものです。
板東にとって絵を描く事は、空間とモノの関係を理解するために自らに課した課題でした。数十年に及ぶ日々の作業を経て、その数は膨大なものとなり、本質を捉える描写力は格段に進歩を遂げました。見られることを前提としない、芸術家の日記として生み出された絵画たちの初々しい姿に、新鮮な驚きと感動を発見して頂けることでしょう。
 彫刻家であるより先に芸術家である板東優の「彫刻家の日記」に是非ご期待下さい。

Megumi Ogita Gallery is proud to present Masaru Bando art exhibition: "The diary of a sculptor"

Masaru Bando (b.1952- Obihiro, Japan) is well known for his bronze sculptures. After studying at Tokyo Zokei University (1972-1974), he moved to Italy and attended the Rome Accademia Emilio Greco class. Today, his work is based in Japan, Italy and the USA.

To pursue the essence of sculpting, Masaru Bando spent decades watching sunrises to see Mother Nature bring her light. He then captured these moments on his canvas every morning. With time, he was able to create three-dimensional works. Bando believes sculptures are not just a form but also a form’s movement and its beauty that should be searched and captured in nature.

His style of creating a deeper meaning in his sculptures are a never before seen homage to art, leaving viewers inspired.
This exhibition will present approximately 20 of his works, which include his remarkable 194cm x130cm of oil paintings and drawings.

The art created by sculptors are just like personal diaries. For Bando, his drawings were to challenge himself to understand objects and space. Throughout his career, his skill of depiction and detail has progressed.
Masaru Bando’s personal diary will give you a fresh surprise and spectacular experience.

We hope you enjoy an artist, a sculptor, Masaru Bando’s "The diary of a sculptor".





CURRENT | UPCOMING | PAST