Tilt / Concrete Abstract

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

コンクリート抽象 / Concrete Abstract





13Layers2HDrvb.jpg BoringHDrvb.jpg
(left) "13 layers 2" 2016, 130 x 97cm, mixed media on canvas
(right) "Boring" 2016, 130 x 97cm, mixed media on canvas


100 titres-4.jpg
"100 titles 4" 2016, 162 x 114cm, mixed media on canvas
TILT PLAQUO-10 rvb.jpgTilt.BA13.08.rvb.jpg
(left) "BA13/10" 2016, 85 x 60cm, mixed media on drywall
(right) "BA13/008" 2016, 50 x 50cm, mixed media on drywall


Stavanger_PanicRestrooms_Tilt_Photo_©_Ian_Cox_2014_for_Nuart.jpg
(参考画像) Tilt, Panic restrooms, Stavenger 2014, dimensions variable
photo by Ian Cox

ティルト / Tilt
2016. 4.1(Fri.) - 4.30(Sat.) 
11:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

アーティストが来日します! Artist is to visit Japan!
Reception 4.1(Fri.) 18:00 - 20:00


★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

 この度メグミオギタギャラリーでは、4/1-4/30にかけて、フランス人アーティストTILT(ティルト)の日本初個展を開催致します。
 南フランス、トゥールーズ出身のTILTは、グラフィティアートを芸術の域に高め、今最も世界的に注目を集めているストリートアーティストです。 自らを”graffiti fetishist”と定義するTILTは26年ものグラフィティキャリアを誇ります。

 グラフィティカルチャーの始まりは1970年代にニューヨークでスプレーやフェルトペンなどを用いて壁や電車などに自分の名前を書く行為が広まったのが契機とされています。
グラフィティ=野外での落書き行為と一般には認識されがちですが、タグ(単色で自分のグラフィティ用の名前や出身地を書いたもの)をはじめとする様々な専門用語や、既にあるグラフィティの上に描くには更に完成度の高い図案を作らなくてはいけない等、ライター間での暗黙の了解や独自のルールが無数に存在する奥深い世界です。メッセージ性を持つ言葉や具象的なモチーフを描く行為が広義のストリートアートに分類されるのに対し、グラフィティとは意味を持たない記号であり、文字の外見が文字の意味を凌ぐのがその領域とされています。

 グラフィティを、名前の有名性を競うゲームとしての側面から鑑みると、「スタイルの独創性」と「拡散性」がその勝敗の二大要因となります。TILTはスローアップ(単色あるいは二色の色を用い数分で書き上げた文字)のスタイルを最も得意とします。文字の躍動感と腕運びの一回性、シンプルで力強い配色の妙が問われる伝統的なグラフィティスタイルです。グラフィティが、線を描くという行為の身体性が最も高いテンションで発揮されるジャンルなのは、公共看板や電車へのペイントが違法である事と無縁ではありません。
あらゆるリスキーな場所を好んで描き続け、独自のリズムを体得したTILTによって生み出される線は、彼のペインティングにおいても遺憾なく発揮されています。

「みんなが思っている落書き=グラフィティのような古典的なグラフィティの解釈を拡大したい。もしもグラフィティをやっている人間が僕の作品を見たら、僕がやっていることの意味がすぐにわかるはずだ。
スタイルと、作品の背後に存在する、メッセージではない、ヴォイスの集積としてのストーリー。
一方でグラフィティについてよく知らない人は異なる視点で作品を見るだろう。
実際には一定の知識なくして作品を深く理解することは不可能に近い。だからこそ僕はそこに面白味や可能性を感じているんだ。
昨今知名度を獲得している多くのストリートアートは、キャラクターや動物、風景など、誰が見てもすぐに理解しやすいモチーフで描かれている。でも、僕たちの文化の一番の醍醐味は作品に付随する背景としてのストーリーだ。
僕は自分の作品を通して、グラフィティをグラフィティたらしめる最もシンプルで力強いストーリーを語りたいんだ。」

 意味とは無縁のところで純粋に造形のスタイルを競うことで発展してきたグラフィティは、究極の抽象表現です。
究極の抽象美を競うグラフィティ界で熾烈な闘いを勝ち抜いてきたTILTが、絵画とストリートアートの境界線を破壊する抽象表現アーティストとして世界の頂点に君臨するのは必然の流れと言っても過言ではないでしょう。

 今展では小屋にペイントを施した超大作を1点、162x114cmのカンバスワークを5点、直接壁に描いたものをはぎ取った85x60cmのカラー作品を3点、50x50cmのモノトーン作品6点を中心に、計18点の最新作を出品します。
 日本で世界最高レベルのグラフィティアートをご覧頂ける、TILTの「コンクリート抽象」に是非ご期待下さい。

Tilt is an internationally recognized traditional graffiti artist, originating from Toulouse in South France. A self declared “graffiti fetishist”, he learned his trade in the streets and on trains as a youngster. In the time since he did his first tags on a skateboard ramp back in ’88, his ensuing career has been nourished and influenced by extensive travel. Inspirational journeys have seen Tilt exhibit and leave his mark as far and wide as more than 25 countries.

"I'd like to explore the interpretation of 'dirty primitive graffiti' by people, using all the classic codes,
tools, materials, intentions of this art but just changing the context of it.
If a person who practice graffiti look at my work I know they will understand what I m talking about. Which are the
styles, why there’s drips and most important of all, what is the story behind a painting.
On the other point of view, a person who doesn't know about graffiti would probably see the piece differently.
Without a certain knowledge it s impossible to understand the deep meaning of this type of work and I love this idea.
But it can be also a big possibility of transforming.
Today, street art became quite mainstream and mostly represented by figurative paintings such as characters,
animals or landscape that everybody can assimilate.
What I consider the most interesting part of our culture are the stories behind the actual pieces and I try to talk about
that in my work by showing Graffiti as its more simple representation. "

Tilt loves demonstrating that basic, primitive graffiti can be as strong as complicated 3D lettering, wild styles or characters. His focus on letters, high impact shapes and strong colors is a reflection of his history as a true graffiti writer, trained on the streets and in the train yards. Following classic graffiti ideology, his individual styled name is the focal point in the majority of his paintings, in Tilt’s case a bubble letter “throw-up”. “Throw-Up” is graffiti terminology for a writer’s spray painted name incorporating fast lines and done in one or two colors, designed for fast execution.

Graffiti is a style of ultimate abstract expression to compete the formative art of the letters.
We'll find TILT's philosophy of freedom in his energetic lines on his paintings.

In this show, we will release his new 18 works :a masterpiece painted on a shed. 5 large size canvas paintings(162x114cm). 3 colorful wall paper style works(85x60cm), 6 black and white works(50x50cm) and so on.
Don't miss TILT's first solo exhibition in Japan "Concrete Abstract" at MEGUMI OGITA GALLERY.

****************************************************************************************************
Depuis plus de 26 ans à pratiquer le Graffiti, Tilt réalise que ce qui est le plus important et le plus singulier dans cette
peinture, ce ne sont pas les oeuvres en elles meme mais les histoires qui leur sont associées. Les intentions, l énergie,
sont bien plus représentatifs de cette façon de peindre que la plupart des réalisations finales. Les pieces présentées ne sont alors
que des prétextes a l évocation de la singularité du Graffiti dans sa pratique primaire.
Ce que le monde de l art a décidé d appeler Street art se caractérise aujourd hui par une grande majorité de représentations figuratives ou
souvent empruntées à des classiques plus anciens comme l art cinétique ou l abstraction lyrique.
En explorant la frontière entre les formes et techniques spécifiques au Graffiti et son évocation, Tilt se retrouve a la limite d une peinture
abstraite pour certains et totalement codée pour ses pairs, faisant référence ainsi, a la schizophrénie qui caractérise le Graffiti artist.

CURRENT | UPCOMING | PAST