廣江友和 / Tomokazu Hiroe "Hellish Toy Story"

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Hellish Toy Story -地獄草紙より-

廣江友和.tif
"Final Fighting on toy" 2015, 162 x 194cm, oil on canvas


uneasy hellfire.jpg
"uneasy hellfire" 2012-2013, 260.6 x 324cm, oil on canvas mounted on board

廣江友和 / Tomokazu Hiroe
2015. 11.20(Fri.) - 12.5(Sat.) 
★Reception 11.20(Fri.) 17:30 - 19:30|DJ LOVのテクノミュージックをお楽しみください!
11:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

 この度、メグミオギタギャラリーでは2012年8月以来、3回目となる廣江友和新作個展「Hellish Toy Story -地獄草紙-」を開催致します。1976年東京都生まれの廣江友和は、武蔵野美術大学油絵学科、パリ国立高等美術学校で絵画を学びました。

 廣江はルーベンスと同じ絵画の古典技法「第二フランドル技法」で丹念に下地を作り、明るいグレーや黄色オーカーの地塗りの上に立体的にモチーフを描いています。キャンプファイヤーを囲うぬいぐるみの動物、キノコ雲の前を行進するおもちゃの兵隊や、炎のリングを飛び越えるぬいぐるみのライオンなど一見すると悲壮感漂うシーンの連続ですが、見方によってはただ配置されているだけの空虚な静物画としての一面もまた持っています。多数のコンテクストを秘めたすべての作品には、緊張感溢れる赤で描かれた線や文様と、ぬいぐるみやリカちゃん人形などの身近に溢れるおもちゃが立体的に描かれ、二次元と三次元が混在しています。
またニスの代わりに工業製品であるビニールで覆うことで作品を仕上げており、写真のような均一なツヤを画面に与え新たな表現を示唆している他、マルセル•デュシャンから連綿と続くアートとレディメイドの関係性を読み取ることも出来ます。

 今展では、世田谷美術館区民ギャラリーでの個展(第3回 世田谷区芸術アワード“飛翔”受賞記念発表「廣江友和展」)にて発表した「地獄草紙」の炎がモチーフの大作(F100号 4枚組)他、鬼とおもちゃの兵隊が地獄で入り乱れる戦争画を含む約6点、また「鳥獣戯画」をモチーフとした自身初の壁画にも挑戦します。
パリへ留学し西洋の奥行きのある絵画に触れ、その一方で日本画やアニメを自然と教科書やテレビから享受するなど、同時に日本、西洋の精神性を享受していた廣江は、日本画の持っている平面性と西洋画の持っている立体性の融合に絵画の新規性を見出してきました。
今展において廣江は洗練された造形、また恐さだけでなく美しさをも伝えてきた「地獄草紙」の炎と、幼い頃から自分の身近にある「おもちゃ」を組み合わせ、日本固有の地獄観を現代に現します。

 現代社会ではまるで地獄の様に様々なストレス、不安や恐怖が日常を覆っています。
廣江の作品は、そのような誰しもが持つネガティブな感情を軽やかに描き出し、鑑賞者に希望を与えることでしょう。
異文化の敵対、分断ではなく共生こそ新たな可能性と信じる廣江友和の新作個展「Hellish Toy Story -地獄草紙-」にどうぞご期待ください。

Tomokazu Hiroe (b.1976. graduated from oil painting course of Musashino Art Univ.)’s work is based on a technique developed by later Flemish painters in the 17th century which allows him to paint with a great sense of three dimensionality. He combines this skill with two-dimensional expressions referred from Japanese painting, calligraphy and illustration. Also by wrapping up painting with a sheet of plastic for finish instead of using lacquers, the surface evenly shines like photograph.
It has been natural for his age artist to have both western and Japanese consciousness and the view for the world and his own creation through cultural influence.

In this exhibition, Hiroe decided on Jigoku Zoshi motif.
Jigoku Zoshi are 12th-century hand scrolls depicting Buddhist hells.
The contrasts between the traditional western painting technique and the calligraphic lines, the three-dimensional and flat depictions, the use of oil painting and plastic sheet, do not conflict each other but magically merge together in an unusual way . This illogical and unstable sense of existence is the reality that he pursues to express.

We will show his latest 6 paintings including the largest four-piece joint painting(260 x 324cm) and mural painting of Choju Jinbutsu Giga (caricatures of frolicking birds and animals) which is also very old traditional Japanese style of illustration.
Don’t miss Hiroe’s big challenge for Painting!

CURRENT | UPCOMING | PAST