鯉江良二展「つちからつちへ」

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

つちからつちへ

織部.jpg
「織部壺」2001, 22 x 22 x h27cm, ceramic


鯉江良二 / Ryoji Koie
2015.7.10(Fri.) - 7.25(Sat.) 
11:00 - 19:00(closed on Mon, Sun. & Public Holiday)

★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo


 この度メグミオギタギャラリーでは現代陶芸の巨匠・鯉江良二 展を開催致します。

  鯉江良二 (b.1938) は常滑市に生まれ、高校卒業後に市立陶芸研究所に就職しました。仕事により右手指二本の第一関節を失うも、1966年に自立するまでの間に現代日本陶芸展や朝日陶芸展に出品し入賞を果たします。1970年代前後からは、必ずしも焼成にこだわらない手法を用いて制作された<マスク>や、新たな生への転生を唱った<土に還る>シリーズで現代美術家としてのプレゼンスを明らかにしました。72年には第3回バロリス国際陶芸ビエンナーレ展で国際名誉大賞を受賞します。
 また、鯉江は「チェルノブイリシリーズ」等、反戦・反核を題材とした作品を数多く制作していることでも知られています。 その後もアメリカをはじめオーストラリア、スペイン、韓国など世界10数ヵ国でワークショップや展覧会を開催し、国際的な陶芸家として活躍し続けてきました。
 伝統陶芸、前衛陶芸といった従来の枠組みとらわれることなく自ら境界線を更新し続ける鯉江の作陶は、芸術の根源的な力を体現するものとして陶芸界のみならず広くアートシーンに多大な影響を及ぼしています。

 今展では芸術家・鯉江良二の作品を総括する「つちからつちへ」 展の第一弾として、器を中心にギャラリーの床や壁、空間全体に100点の作品を一挙に展示します。
 様式美や斬新さだけでは計ることのできない、空間そのものへ放つ作品の圧倒的な存在感こそ、あまたいる陶芸家の中でも鯉江良二が特別な作家である事の証明です。
 鯉江がいかなる状況においても土の反応に喜びを見出し、傑出した技術と力強くユーモラスな遊び心で土に命を吹き込んできたことがわかるでしょう。

 現代陶芸界の巨匠、鯉江良二の世界を是非ご堪能下さい。

Born in Tokoname, a traditional ceramic town in Japan, in 1938, Koie has exhibited his ceramics and contributed to workshops and conferences in many countries. His work was included in A Secret History of Clay, From Gauguin to Gormley, shown at the Tate, Liverpool, UK, and can be seen at the National Museum of Modern Art, Tokyo, and the Metropolitan Museum of Art, New York. In April 2005, his work will be exhibited at Boutwell Draper Gallery, Sydney.

Ryoji Koie combines clay and glass in his figurative sculptures, creates museum installations and uses metal, both found and sought, with a variety of clays in other works. Known for his spontaneous response to any situation, he enjoys innovation whether it be in his paintings or in surface decoration on his pots. Titled From the Earth, To the Earth, works included installations and non-functional pieces and mention was made of his unique tableware. They reveal delicate touches of traditional craftsmanship, the intriguing innovation lying precisely in the subtle interplay between the two styles.

In this show, we'll present Koie's 100 bowls.
Please come to feel the dynamism of Ryoji Koie's creation.

CURRENT | UPCOMING | PAST