Ryan Su &co.

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Ryan Su & co.

sheep.jpg RYAN pic.jpg
left : "The sheep" 2015, 45.5 x 38cm, acrylic on canvas
right : "Shining grace" 2015, 80 x100cm, acrylic on canvas


Ryan Su / ライアン・スー
2015. 2.13(Fri.) - 2.28(Sat.) ※アーティストが来日します。
★Reception 2.13(Fri.) 17:30-19:30
12:00 - 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

★展示会場にご注意ください
Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座5-4-14銀成ビル4F
Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 5-4-14 4F Ginza, Chuo-ku, Tokyo

 この度メグミオギタギャラリーでは気鋭の台湾人アーティストRyan Su(ライアン・スー)による新作絵画展を開催致します。

Ryan Su(b.1979)は台北に生まれ、国立台湾芸術大学を卒業した後、Tunghai大学で修士課程を修了しました。現在は台北の公共芸術施設Banqiao 435 Art Zoneを制作拠点として精力的に活動を広げています。2014年秋に開催されたウルトラアートフェアで話題を呼んだことを機に日本初特別展を開催しました。showcaseでの個展は今回が初めてとなります。

 アジアの現代作家として、Ryan Suは今に至るまで美の概念を占有してきた西洋の価値観に一石を投じています。
 神話や聖書の世界と共に発展してきた西洋の油絵に対し、中国の伝統絵画は自然やモノに象徴的な意味を持たせる東洋思想に基づいて発展してきました。Ryan Suは自身の描く対象や構図にひとつひとつに意味を持たせ、モノクロの作品は水墨画と同じく破筆を用いて制作されています。
 白と黒という根源的な色のみを使い描かれた作品は、光の集積から成る立体作品のような幻想的な質量感を持っています。
そこには希望や光は自身の外側ではなく内側にあり、暗闇があるからこそ、その存在に気づけるのだという普遍的なメッセージと共に、夜が明けてしまえば消えてしまうのではないかという生命の儚さ、あるいは消えてはまた浮かび上がるを繰り返す永遠性が同時に顕われています。
 Ryanの描く動物達は思わず「可愛い」と口に漏らしてしまうような愛くるしい表情が特長的です。"かわいい"という概念、あるいはその言葉そのものは、日本的感覚に端を発し今や世界共通語となりつつあります。Ryanの動物が身に纏う可愛さは、西洋的美的感覚がイニシアティブを握っている過酷な絵画の世界で生き抜くための強(したた)かともいえる武器であり、真っすぐにこちらを見つめる動物たちの澄んだ瞳はその意志の強さを物語っているのです。

 今展のタイトルにある「co」とは、「company / 仲間」、あるいは「co-existence / 共生」のcoであり、彼の作品の根底を流れるテーマです。
 西洋と東洋という二項対立、あるいは現代絵画の世界に置ける西東の優劣を乗り越えた先にあってこそ共に見える景色をRyanは臨みます。それは激動の時代を経て様々な民族が共存する台湾にあって最後の日本語世代である祖父母と共に育ち、自国や自身の歴史を辿る中で、どこにアイデンティティを置いて、どうやって世界と対峙していくべきか深く思いを巡らせ続けてきた作家だからこそ成し得る表現なのかもしれません。
作品が共にいる人にいつまでも寄り添い続けるようにという願いと共に、彼のアーティストとしての作家性と覚悟の強さを感じ取って頂ける事でしょう。

 今展でRyanは豹、猫、犬、熊などをモチーフとした最新作(F0~F40)を約10点出品します。
"Ryan Su & co."是非ご期待下さい。

MEGUMI OGITA藝廊此次將舉辦台灣新銳藝術家蘇修賢〈Ryan Su〉的新作畫展。蘇修賢生於台北〈西元1979年〉,
從國立台灣藝術大學畢業後,於東海大學修畢碩士課程。目前以台北的公共藝術空間,板橋435藝文特區為創作據點展開豐沛的藝術活動。西元2014年秋季舉辦的當代藝術展造成話題,因而在日本舉辦了首次特展。這次則是首度於展示區內舉辦個展。

身為亞洲的現代藝術家,蘇修賢對至今仍獨佔美學概念的西方價值觀丟出截然不同的創作手法。
相較於和神話、聖經世界共同發展的西方油畫,中國傳統繪畫是以賦予自然或物品象徵性意義的東方思想為發展基礎。
蘇修賢對自己描繪的對象或構圖賦予各別意義,黑白色調的作品是用和水墨畫相同的破筆法創作而成。
只用基本色調白和黑描繪出的作品,如聚光而成的立體作品般具幻想性質量感。
作品中,希望或亮光不在自身的外側而是在內側,和正是因為漆黑,才讓人注意到它的存在這種普遍性觀念同時出現的,是所謂生命的虛幻無常,天明後就會消失吧,或是消失後又再浮現這種重複的永遠性。
蘇修賢筆下的動物們,其特色在於天真可愛的表情會讓人不由自主地說「好可愛」。「可愛」的概念,或者是這句話本身,從日本的感覺用語為起點,發展至今成為世界共通語。圍繞在蘇修賢所畫動物身上的可愛,可說是為了在西方美感握有主導權,嚴酷的繪畫世界中脫穎而出的強力武器,動物們直直凝望前方的澄澈眼眸訴說其堅強的意志。這次展覽標題中的「co」是「company / 同伴」或是「co-existence / 共存」的「co」,為流動於他作品根基的主題。

蘇修賢將面臨到西方和東方兩者對立,或正因為處在現代繪畫世界超越西東方優劣的前端,才能看到兩者的景色。
被經歷過動盪時代,在各種民族共存的台灣,接受末代日本教育的祖父母共同撫養,在追尋自己國家或自身的歷史中,要將自我認同感放於何處,應該要如何與世界對峙,或許這正是不斷地思索深刻問題的藝術家才能有的表現吧。
希望能一直持續接近與作品共存的人,同時可以感受到他身為畫家的藝術家個性和強烈決心。
在這次展覽中將展出蘇修賢以豹、貓、狗、熊等為主角約10幅的最新作品。
敬請期待"Ryan Su & co."。

CURRENT | UPCOMING | PAST