Kengo Nakamura "Emoticon"

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

心文一致 "Ourselves in Today’s World"

kengo_nakamura01.tif
"心文一致" 2013, 100 x 80.3cm, パネルに和紙、岩絵具、顔料、アクリル、樹脂膠 / pigment and acrylic on Japanese paper

中村ケンゴ / Kengo Nakamura
2014/1/14(火) - 2/1(土)
★Reception: 1/14(火) 17:30 - 19:30
12:00 - 19:00(休廊日:月•日•祝 / closed on Mon, Sun and Public holiday)

★展示会場にご注意ください
 Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座5-4-14銀成ビル4F

この度メグミオギタギャラリーでは、約4年ぶりとなる中村ケンゴ個展「心文一致 "Ourselves in Today’s World"」を開催します。
2013年はルチアーノ・ベネトンコレクションによる企画展示、「イマゴ・ムンディ」展や、東京都現代美術館で開催された「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に出品するなど、現代を代表する美術作家のひとりとして国内外で活躍の場を広げています。中村ケンゴ(b.1969)は多摩美術大学で日本画を学んだ後、1995年に同大学院を修了しました。

中村ケンゴは日本画の技法を用いながら、マンガの吹き出しやキャラクターのシルエット、ワンルームマンションの間取り図、Eメールの返信を意味する”Re:”など、現代社会に生きる私たちにとって身近なメディアからのイメージを引用しつつ、ユニークな絵画を制作してきました。
様々なシリーズを有する中村ケンゴの絵画制作は、「作家」という存在を成り立たせている「個人」や「自我」と、自らの制作の技法である「日本画」 という、どちらも日本の近代化とともに受容、成立した概念をパラレルに扱い、両者をモダンな抽象絵画を彷彿とさせる画面の中で総合させようと試みる、極めて批評的な行為であるといえるでしょう。

今展では、2012年から取り組んでいる「Emoticon」(顔文字)シリーズの最新作を発表します。 欧米ではEメール等で使用される顔文字のことを、Emoticonと称します。
明治以降の日本で、書きことばを話しことばに一致させようと試みる言文一致運動が起こった理由のひとつは、思想・感情を自由的確に表現するためでした。時代は流れ、Eメールによるコミュニケーションが当たり前になった今日、私たちは顔文字を使い、Emotion(感情:心)をそのまま Icon(記号:文)にすることで、相手に自分の気持ちを伝えようとしています。
「Emoticon」シリーズの美しい画面からは、コミュニケーション手段が発達すればするほど、むしろ孤独感を募らせる現代人の、他者に理解されたいと強く願う、ややもすれば病的なまでの自意識を見ることもできるのではないでしょうか。

出展作品は、中村ケンゴのディレクションにより2013年12月に開催された伊勢丹新宿店での企画展「GIFT of ART」で展示された100 x 80.3cmの大作3点と、新たに発表される、F4号(33.3 x 24.2cm)、F3号(27.3 x 22cm)を中心とした小品群で構成されます。

様々なモダニズム絵画からインスパイアされながらも、現代を生きる自分にとってリアルな感覚を描き続ける作家の姿勢からは、現代の日本で絵画を制作するということの困難さと可能性を同時に見出そうとする強い意志が感じられます。中村ケンゴの最新作に是非ご期待下さい。

Kengo Nakamura was graduated MA Japanese Painting Course, Tama Art University in 1995.
Kengo applies our familiar subjects such as floor plans of studio flats, “Re:” as mobile phone texts’ titles, speech balloons of comic books into his Japanese painting based works.

In spite of the figurative motifs and pop cultural expressions, his works are highly conceptual that represent groups of people living in the age of the complex culture. The paintings also offer us the genuine aesthetics that are skillfully painted in a classic way.

The features of the exhibition this time is new pieces of “Emoticon”.
The works describe the newness and flux of our communication style today.
Kengo will release 3 large paintings(100 x 80.3cm) and small paintings(33.3 x 24.2cm / 27.3 x 22cm).

Please enjoy visitng Kengo Nakamura’s solo show “Ourselves in Today's World” at showcase MEGUMI OGITA GALLERY.

CURRENT | UPCOMING | PAST