NENSHA

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Chris Berens / クリス・ベーレンス
『NENSHA / 念写』

CHRIS_04.jpg

2013/12/7 (土) - 12/28(土), 2014/1/7(火)-1/18 (土)
★preview : 12/6(金) 18:00 - 20:00
アーティストが来日します!

★Documentaire 'Chris Berens. Master of his Magical Universe'


★展示会場にご注意ください
MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1
MEGUMI OGITA GALLERY B1 2-16-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

この度メグミオギタギャラリーにて、2013年12月7日から2014年の1月18日まで、オランダ人アーティスト、Chris Berensの日本初となる展覧会を開催致します。

Chris Berensは1976年にオランダ南部のスヘルトーヘンボスで生まれ、現在はアムステルダム・ヨルダン地区の運河を見下ろすアパートにアトリエを構えて制作活動を行っています。 Chrisは小さな絵を薄い紙に描きそれらを張り合わせる独自の技法により、まるで3Dのような立体感と空間的広がりを持つ絵画を創り上げていきます。 はっきりとした明暗の描き方からは、オランダの巨匠レンブラントやフェルメールの影響を垣間みる事が出来 ます。
その作風は「ロマンティック・バロック」と呼ぶに相応しい、繊細な夢の世界です。 柔らかな光の漂うファンタスティックな世界には、彼の内面世界に生息する不思議な生き物達が登場し、見る者を強く惹付けると同時に優しく誘います。

オランダ、オーストラリア、アメリカに続く記念すべき今回の日本初個展では、日蘭両国のモチーフが作中に登場し、160cm以上の大作を含む20点の新作が展示されます。 今、世界中から最も注目されている期待の若手アーティストChris Berensの力強く幻想的な美の世界を是非お楽しみ下さい。

「僕の技法というのは、ある瞬間に確立されたものではない。”自分の仕事”をするために気が遠くなるほど色々なことを試し、集結させた結果とでもいうのだろうか。 なんにせよ、確立されたひとつの技法と呼ぶべきものではないということだけは確かだ。 今の制作スタイルに辿り着くまで8年かかったし、これからも変化し続けていくだろう。 そこには魔法のインクも、紙も、存在しやしない。そのことは僕に、僕のストーリーを容易に映し出す事を許さなかった。だからこそ僕はその壁を壊そうと、あがき続けることに何年も必死だった。 イメージに、そして自分自身に率直でありたいという想いは、一筆の運びに全て表出する。 奥底から湧き上がってくるイメージは全て、インスピレーションの源に関わらずみな”本物”だ。それだけは何者にも動かしようのない事実であり、あるいは僕にとっての真実でもあるのだ。」

MEGUMI OGITA GALLERY held a first solo exhibition in Japan of world-famous Dutch painter, Chris Berens. (2013/12/7 ~ 2014/1/18)

Chris Berens(b.1976) grew up near the historic Netherlands city of ‘s-Hertogenbosch, steeped in the atmosphere exalted by painters like Rembrandt and Vermeer.
From an early age, he was immersed in his own inner world, a luminous realm inhabited by enigmatic characters and menageries of strange, compelling creatures. After studying illustration at the Academy of Art and Design in ‘s-Hertogenbosch, he retired to an abandoned building near his hometown and proceeded to teach himself the techniques of the Old Masters, consumed with a desire to document the wondrous narrative unfolding within him.
Eventually he set aside his oil paints and began experimenting with drawing inks, a fluid medium which allowed greater flexibility than oils, as well as spectacular distortion effects reminiscent of the view through an ancient handmade lens.

In this exhibition, Chris will release 20 new paintings including large masterpiece.
We hope you enjoy his magical world, "NENSHA"!

"My technique is not one I at one time 'made up'. I tried thousands of things and combine the ones that work for me. It is not an isolated technique.
It took me 8 years to get to the tecnical point where I am now and it is still very much evolving and will probably be completely different again in a couple of years.
The particular ink, paper, brushes, water, varnish, laquers, glue and panels I use happen to work for me for now and are useful only to me.
It's just ink and paper. It's no magic ink. Or magic paper. I have been obsessed by my technique -and especially the lack of it an the gaps in it- for years,
but only because it withheld me from telling my story and I found myself lost in translation.
I try and find and stay true to my own language in imagery, as in my opinon it all comes from gesture -being the aesthetic of the brushstrokes and their emotional impact- your imagination and trying to stay true to yourself.
When images come from deep within, regardless the source of inspiration, they're sincere and And nothing can beat that."

CURRENT | UPCOMING | PAST