Kurt Cobain Had Never Googled Porn

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Kurt Cobain Had Never Googled Porn

Smashed Guitar (#2) 補正 のコピー.jpg
Brian Leo "Smashed Guitar" 2013, 50.8 x 40.6cm, acrylic on canvas with silkscreen collage

Brian Leo / ブライアン•レオ
2013年12月13日(金) - 12月28日(土)
レセプション: 12月13日(金) 17:30 - 19:30
12:00 - 19:00(休廊日:月•日•祝)

★展示会場にご注意ください
 Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座5-4-14銀成ビル4F

この度メグミオギタギャラリーでは、NYを拠点に活動するアメリカ人アーティスト、ブライアン・レオによる"Kurt Cobain Had Never Googled Porn"展を開催します。
1976年ニュージャージー州生まれのブライアン・レオは、現代の社会問題への風刺をポップでカラフルに表現するオリジナリティ溢れるペインティングを精力的に世界中で発表し続けています。
時に「問題作」ともとれる彼の作品のメッセージ性の強さは、The New York Times、The Korea Timesなど多くのメディアから注目を集め、物議を醸してきました。

2000年のNYでの個展以降、レオは一貫して、「ペインティングが伝えることのできる領域」を広げることに挑み続けています。事実、彼の展示はひとつの主題に終始することなく、そのテーマは、グローバルカルチャー、現代政治、アメリカのアイデンティティまで多岐にわたります。
それというのはレオの、人間という生き物に対する深い理解への希求の表れに他なりません。私たちは彼のどの作品からも、人間の生まれ持つ哀しみや喜び、憤りから馬鹿馬鹿しさまで、あらゆる根源的な感情に相対することができるのです。ポップカルチャーから強い影響を受けたレオは、現代人を情報の渦に巻き込むテレビ番組、週刊誌、あるいはソーシャルネットワーキングの網の目を連想させる膨大な数の作品展示で観客を圧倒します。

2013年2月にNYのThe New Museumで開催された"NYC1993 : Experimental Jet Set Trash And No Star"に影響を受けたレオは、今展を"Kurt Cobain Had Never Googled Porn"と名付けました。
世界中の若者がカートコバーン率いる伝説のロックバンド、ニルヴァーナを熱狂をもって迎えた90年初めは、アメリカ全土でエイズや人権などの社会問題が次々と表面化した激動の時代でもありました。
全て新作となる今展では、約10cmから30cm四方の様々な大きさのポップなペインティングを50点あまり展示することで、90年代初期のアメリカのカルチャー現象を、showcaseの空間いっぱいに色鮮やかに再現します。
ブライアン・レオのポップでアイロニカルな愛の表現に、是非ご期待下さい。

Brian Leo (b. 1976) is based in New York City. His work has been exhibited in numerous group and solo exhibitions at venues throughout New York and around the world. Leo’s work has received critical attention in The New York Times, The Miami New Times, The Korea Times, The Korea Daily, and The Brooklyn Rail. He was included in the 2010 Phillips De Pury auction, Now: Art of the 21st Century.

Leo creates a symbolic language from pop culture imagery contrasted with post ironic wit, executed in a day glow palette of color. The grouping of paintings are exhibited en masse to create a tension similar to a barrage of television channels, non stop news cycles, text messaging, tabloid culture and social networking sites.
Since exhibiting in NYC in early 2000, Leo has pushed the boundaries as to what the content of a painting could/should offer. Subject matters range from poignant to bizarre, and ridiculous to precious. Leo's paintings address global culture, contemporary politics and the American identity His shows defy singular themes, yet rather reflect his contemplative attempt to understand humanity.

In this exhibition "Kurt Cobain Had Never Googled Porn", Leo reflects on 1990's cultural phenomena: the introduction of commercial internet and social content of 'Alternative' music. This formative period of American culture for the artist has most recently been acknowledged at a show entitled, "NYC 1993: Experimental Jet Set Trash And No Star" at the New Museum, NYC, 2013.
He will be at least fifty recent small-scale paintings on canvas.
We hope you enjoy Brian Leo's pop and ironical expression of love!

CURRENT | UPCOMING | PAST