New Painitngs

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

New Paintings

20080401_Julie Heffernan1.jpgsp_16.png20080401_Julie Heffernan2.jpg

ジュリィ・ヘッファナン/Julie Heffernan
2008年4月1日ー5月17日

この度MEGUMI OGITA GALLERYでは、4月1日(火)より5月17日(土)までJulie Heffernan展を開催致します。Heffernanは1956年アメリカに生まれ、Yale Univercity School of Art (M.F.A.), University of California (B.F.A.) で絵画を学びました。彼女の絵は画面中央に裸婦像を描いたSelf Portraitのシリーズを中心に展開されています。その人物像はジャングルであったり中世の宮殿の中であったりしながら変化する背景に常に自然に調和する普遍的な姿を特徴とします。それらの絵は古代から現代まで進化の過程で通り過ぎてきた時代のトンネルの中の一瞬のようでどこか懐かしい気持ちにさせられます。しっかりと描き込まれた背景はゴージャスでありながらあっけらかんとしたあっさりした感じがあります。ある部分は細部まで描きながら時に大胆に筆跡を残している画面は繊細さと大胆さの兼ね合いのバランスを楽しむことができます。自然の中で同等の価値観で描かれた人物と背景の関係が人間の内面世界でもあり絵全体で自画像を表現しているようにも思われます。
動物の死骸や兵士の対戦シーンなど生々しいモチーフも画面全体からにじみ出るユーモアによってすべてが同等で些細な事として軽く受け流されいるようです。時には地球を庭やカーペットに見立てたり、大きな動物を子供のおもちゃにしたり自由な発想の中にも今日の人間の行いを現しているような不思議な味付けがなされています。おどろおどろしいようで美しい画面は静寂でだれも体験したことのない新し表現に充ちております。
日本初の紹介となるジュリィ・ヘッファナンの作品をどうぞお楽しみ下さい。
今回はジャングルの作品を中心に新作6点を展示致します。どうぞご期待下さい。

abc

CURRENT | UPCOMING | PAST