There..., that station

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.png


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

There..., that station

20090206_Karin Kamijo_there1.jpg

上條花梨/ Karin Kamijo
2009年2月6日(金)ー28日(土)

この度MEGUMI OGITA GALLERYでは、2月6日より28日まで上條花梨新作絵画展「There…, that station」を開催することになりました。

上條花梨は1980年に東京で生まれ、東京藝術大学で絵画を学び、2006年に修士課程美術研究科を修了いたしました。彼女の絵はスパッタリングという筆に付けた絵具を指で弾いて絵具の粒子を画面に飛ばして制作します。その粒子でデコボコになった画面をグラインダーで削り、平らにするという作業を繰り返しながら、筆の痕跡を残さない独特の方法で仕上げています。完成した作品は古い写真や映像のような雰囲気に仕上がります。

前回の個展では人のいない公園の遊具を描いたParallel Worldシリーズの作品を発表し注目されました。自分たちが子供の頃にはなかった近代的な遊具が、彼女の絵の中ではとても懐かしい光景であるような錯覚に陥りながら、不思議な違和感と本来可愛らしい遊具がとても不気味に思える白昼夢のように描き出されました。その後Parallel Worldシリーズは公園から不思議な静物画に変化し、古い写真と人形など身の回りの雑誌などから取ってきたイメージを再構成して描くようになりました。

今回の個展「There…, that station」では9月より12月までフィンランドのアトリエ・スタンダーズでのレジデンスプログラムで制作した作品を中心とした新作を発表いたします。フルーツの静物画、フィンランドの田舎町の風景の中に置かれたおもちゃ、赤い部屋の中の変な顔の女の子など、より不気味さと新鮮さを自然にブレンドした作品が登場いたします。丁寧に仕上げられたクラシックな懐かしい雰囲気の中にどこにもない光景を描いた上條花梨の作品に是非ご注目下さい。

abc

CURRENT | UPCOMING | PAST