Home and Sea

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Home and Sea

20090317_Holly Farrell_HomeandSea1.jpgsp_16.png20090317_Holly Farrell_HomeandSea2.jpg

ホリー•ファレル/ Holly Farrell
2009年3月17日(火)ー4月11日(土)

この度MEGUMI OGITA GALLERYでは、3月17日(火)より4月11日(土)までホーリー・ファレル新作絵画展 「Home and Sea」を開催する
ことになりました。ホーリー・ファレルは1961年カナダ オンタリオ ノースベイで生まれました。日々の生活のストレスを解消する為に絵を描き始め、自分自身の技法を独学で身につけ1995年より本格的に画家としての活動を開始しアメリカとカナダを中心に作品を発表しています。彼女の絵の題材は日常生活に欠かせない使いこまれた道具類が中心です。彼女はこれらのモチーフを通して人間を表現することで人の姿のない肖像画を描きます。アクリルと油彩の混合技法で描かれた画面は艶やかな写真のようでありながらも筆の跡が湿った余韻を与え人の気配を際立たせ見る人を絵の中に引き込みます。何気ない日々使われ傷つきよごれたそれらのものは経験を積んだ人間の表情の様に描きだされています。今展では海と家をテーマに海で使う「足ひれ」「ライフジャケット」「浮き輪」など人の生命と関わりの深いこれらの道具類からは生と死をはらんだ緊張感がかもしだされ、「食器」「ソファー」「クッキングブック」など日常の使用感のあるそれらの物の傷つき汚れていく様からはいつか迎える死と生きている現実を感じさせます。
共に生と死を違った感覚でとらえた彼女の静物画は静かに佇みながらそこにいた人の気配とともに、そのもの自体が人のように感じられる肖像画と言えます。
今展では新作約8点を展示致します。
日本初のホーリー・ファレル展にどうぞご期待下さい。
画像をご用意しておりますので必要な場合は申し付け下さい。よろしくお願い致します。

abc

CURRENT | UPCOMING | PAST