止まらない街の音

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

止まらない街の音

根本佳奈1.jpgsp_16.png根本佳奈2.jpg

根本佳奈/Kana Nemoto
2010年3月6日 (土) - 3月20日 (土)

★展示会場にご注意ください
 Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座5-4-14銀成ビル4F

根本佳奈は1983年千葉県に生まれ、2006年に和光大学表現学部芸術学科を卒業後、主にシルクスクリーンによる作品を発表してきました。昨年末の渋谷西武でのグループ展「シブヤスタイル」では都市で生きる人の姿を切り取ったような独特の作品で注目を集めました。今回の根本佳奈「止まらない街の秒針」展では、刻々と変わりゆく街を行き交う人々の一瞬の姿を捉えた作品を紹介します。

根本が描くのは、とくにこれといった特徴をもたない、一見どこにでもいるような「普通の人」たちです。どこからかやってきてはどこかへと消える、街行く人々の何気ない日常の姿。背景はありません。背景であるはずの街は、近年、大手のコーヒーチェーンやシネマ・コンプレックス、さらには良質低価格のファッションメーカーの躍進などによって、どの街もより均一なものへと変貌してきました。それに伴って、街行く人々の姿も、特筆すべき特徴のない画一的なものへと変わりつつあるようです。

シルクスクリーンによる同じパターンの繰り返しという技法は、均一になりつつある街と私たちのいまの姿をもっとも的確に示すものだと言えるでしょう。根本が描く人物は、実は自分以外の誰かではなく、私たち自身の姿でもあります。今まで何かを見る側だと思っていた私たちが、実は見られ、描かれる側であると知ったとき、私たち自身が「街の秒針」となって時を刻んでいることに気づくのかもしれません。

作品に描かれた普通の人の姿は、無難を好む我々を皮肉るようでありながら、同時に讃えられた理想の姿でもあります。その二面性が作品に一層の深みを与えます。また、平坦な描き方の中にも微かな湿り気を含む叙情性があり、浮世絵版画をも彷彿とさせる日本美術の系譜にのっとった新たな表現を感じさせます。ぜひ根本佳奈展に足をお運びくださいますよう、よろしくお願いいたします。

CURRENT | UPCOMING | PAST