Tammy

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Tammy

holly01.pngsp_16.pngholly02.png

ホリー・ファレル/Holly Farrell
2010年 11月25日(木) ‒ 12月18日(土)

★展示会場にご注意ください
 Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座5-4-14銀成ビル4F

この度Showcaseにてホリー・ファレルが、1960年代の着せ替え人形タミーを描いた個展を開催いたします。

ちょっと大きめの顔に愛らしい表情が浮かび、ふっくらとした体型のタミー人形は、同時代のバービー人形ほど広く知られてはいませんが、世界中で多くの人々に愛されてきました。特に日本ではその親しみやすさから、日本製のタミーも発売されるなど、根強いファンが存在しています。ごっこ遊びを通して、憧れの職業やファッションを夢見た子供にとって、タミーは希望に満ちた大人の世界を空想するためのアイテムでもありました。

トロントを拠点に活動を続けるホリー・ファレルは、古い雑貨や本、ファッションの小物などをモチーフにし、オブジェクトの肖像画を描くような作品を制作しています。「物」に刻まれた独自の役割や時を経て醸し出す空気感を、丁寧に描き起こす事で、誰もが記憶を追体験出来るような時間の流れを作り出します。アクリルと油彩の混合技法を使い、使い古した物を筆のタッチで表現し、写真とは違うリアルな物の存在感を表現しています。

ファレルの描くタミーは、60年代から現代の絵画としてよみがえる事で、その普遍的な造形の美しさや素朴な可愛らしさ、郷愁を誘うアイコンとしての機能を体現しています。多くの人にとっておそらく初めての友人であったであろう人形は、単なる「物」としてではなく、幼馴染みと対面しているかのような、人間的な存在感を放っています。

タミーの色とりどりの衣装を着せ替えて遊ぶように、そこから発生する様々な想いを巡るような展示をいたします。「タミー」展をどうぞご期待下さい。

CURRENT | UPCOMING | PAST