小村希史 個展

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

小村希史 個展

G_komura.jpeg

小村希史/Marefumi Komura
3.29 - 4.16
オープニングレセプション 3.29(火) 17:30より会場

★展示会場にご注意ください
 MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1

この度メグミオギタギャラリーでは小村希史の展覧会を開催致します。
突如彗星のごとく現れ一瞬にして多くの人を魅了した小村希史の東京および上海での個展より約二年ぶりの個展になります。 テーマも無く描きたいものを思いのまま描く姿勢は今日も変わりません。 描きたいから描きたい物を自分のやりたいように描くという小村希史の当たり前の姿勢は現代の美術のシーンの中でひときわ新鮮に思われます。その作品はアートと言うカテゴリーにとらわれず突き抜けていく力強さを含んでいます。

彼の作品はシャープに研ぎ澄まされた刃物のような緊張感の張りつめた背景にまだ血も肉も生々しい新鮮な生肉のようなモチーフの人物達が描かれています。 重ねられた絵具の質感が織りなす立体感、油絵具だけがもつ色彩、最先端のデジタル処理でも再現できないまさに「生絵」とでも呼ぶべき作品達です。

今展では約20点の油彩作品とドローイング約30点が一同に展示され見るものの脳天を直撃します。 再現不可能な作品は実物を見る事でしか得られない刺激を与えます。展覧会で作品を見るという当たり前の行為をもう一度意味のあるものとして自覚させるライブな展覧会です。

Marefumi Komura’s debut solo exhibition was held two years ago in Tokyo. The impression he left was exquisite and people’s eyes were just captured by the series of unusual paintings. Komura keeps challenging the simplest and the most difficult thing for contemporary artists to achieve, paints whatever he wants to. His paintings are grotesquely reveal fresh traces of brush strokes as if they had living human tissue against the sharply painted background surface.

The dynamism of colors and the textures that created by layered oil paints are not replicable even with the most advanced digital imaging device. For this time, there are going to be more than 20 oil paintings and 30 drawings that would definitely dazzle your eyes and minds.

CURRENT | UPCOMING | PAST