春を探る / バニーダンス

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

春を探る / バニーダンス

1205fujino.jpeg
"Bunny Dance" 2011, 22.8 x 27.9cm, paper cutout with collage

藤野真由子
2012年5月11 (金) - 26日 (土)
レセプション 5月11日 17:30 - 19:30

★展示会場にご注意ください
 MEGUMI OGITA GALLERY (プロジェクトルーム) 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1

1979年生まれの藤野真由子は、切り抜いた画用紙の裏に、雑誌や広告をコラージュしていく独自の手法で作品を制作しています。それは日々の生活の中で常に揺れ動く自分の感情を切り取り、継ぎはぎしていく作業でもあります。そうして紙の上に貼付けられた心の断片を積み重ねていく事で、ユーモラスでありながら、狂気を孕んだ新しい情景が生み出されます。切り絵のやわらかな曲線とカラーグラビアの色彩で構成された藤野の作品は、有機的なダイナミズムと型染めで作られたテキスタイルのような鮮やかさを併せもちます。

今回は2010年から渡米した藤野が現地で制作した作品の中から約15点を発表いたします。たくましくもありエロティックでもある女性像を中心に、植物、動物が混然と一体になった世界の中でうさぎが動き回る「バニーダンス」シリーズと、今年2月より朝日新聞の俳壇・歌壇の挿絵として発表された植物や風景を描いた原画を展示いたします。

『一年半ほど前、NYに住み移りました。到着して間もなく、コラージュに使うための古雑誌を探して歩き回り、最初に見つけたのがプレイボーイでした。仮面を被り、動物めいた沈黙に包まれて、こちらをじっと見つめたり、くつろいでいたりする女の人たち、その身体が宙に融解したり植物へと変化したりするさまと、そのまわりで太鼓を叩き、ダンスのステップを踏み続ける小さなうさぎたちの姿は、その時手に入れたプレイボーイを眺めているうちに浮かんできたものです。

朝日俳壇・歌壇の作品は、切り絵とドローイングを組み合わせたスタイルを初めて本格的に手がけてみたものです。春に向けて芽吹いてくる花やら想いやらを一つずつモノクロで描きました。』

進化する藤野真由子の日本では2年ぶりとなる個展をどうぞご期待下さい。

Mayuko Fujino applies a mixed technique of paper cutout and collage to gravure pictures from fashion and design magazines to create her work.

The creative process closely links to the artist's state of mind. Mayuko cuts the paper as if she is cropping the moments of joy, happiness, sadness, mad, jealousy from everyday life and creates patchy stories about herself by collaging the pieces of her heart. That is why her works look humorous, scary, sexy all at the same time and tells us a lot of stories.

The exhibition consists of more than fifteen pieces from her new series called "Bunny Dance" which have been created since she moved to NY in 2011. It will also feature the monotone pieces which made as illustrations for the Haiku column of the Asahi News paper from February to April 2012.

CURRENT | UPCOMING | PAST