KOTOTAMA

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

KOTOTAMA

1207_kawabe.jpeg

川邊りえこ / Rieko Kawabe
2012年7月13 (金) - 8月4日 (土) ※会期中は日曜日も営業いたします。
レセプション 7月13日(金) 17:30 - 19:30

★展示会場にご注意ください
 MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1

3歳の頃から書を初めた川邊りえこは、文字を基本に作品を制作しています。書家として、また神職として、古代文字に接してきた川邊にとって、文字を通した表現は天と地を繋ぐアプローチと言えます。メグミオギタギャラリーで開催される「KO.TO.TA.MA」では新作を含めた、約20点の作品を一同に介して発表いたします。

1997年より国内、国外で書のパフォーマンスを続けてきた川邊は、2008年にはパリ国立ギメ東洋美術館にて発表、2010年にはPOLA MUSEUM ANNEX個展、銀座三越オープニングにインスタレーションを行うなど、自分の身体を通して新しい書の在り方を提示し続けてきました。

『古代において文字は単なる記号ではなく、選ばれた人だけがこれを使うことを許された秘儀でした。"書く"という行為は大切なメッセージを発信する、特別なふるまいだったのです。文字とは光であり、魂を癒す祈り。』
<Rieko Kawabe>

自らの呼吸と対話し感知されたエネルギーは、川邊の身体を通して静から動へと変化し、驚くべき筆力によって視覚化されていきます。支持体の上をうねるによう走る線、絵具の飛沫や墨の滲みそれぞれが魂を持つ物質として生命力を爆発させる様は、書の概念を覆します。 近年ではキャンバスにアクリルや油絵具を用いて、より絵画的なフォーマットで、古代文字の発する思想や力を現代へ蘇らせます。画面の中に浮遊するようにちりばめられた文字はその形を保ちながらも、抽象的な視覚の世界へ誘います。そこに描かれているのは意味を読み取るための文字ではなく、発散される力や、純粋な美を感じとることの出来る世界です。

近代に入り合理化の流れと共に、西洋的な文脈による意味付けと求められた美術界の中で、日本人が直感的に感じ取ることに優れていた呪術的なるものは敬遠されてきました。しかしいましきりに求められる「癒し」や「スロー」は、非合理として排除されてきた前近代的な感覚に本能的に寄り添おうとする心の表れの一端です。 川邊はそんな現代に、言霊を蘇らせるかのように、文字を通して多様な生命観を表現します。

時に激しく、時に静かに、海の波のように絶え間なく動きつづけるその表現は、まさに呼吸する文字であり、
日本の美の根源にある力を喚起します。 川邊りえこの「KOTOTAMA」をどうぞご期待下さい。

Ever since Rieko Kawabe started writing calligraphy at the age of three, she has been exploring her own artistic expression by using Japanese characters. Her performing art as well as installation work have been highly acclaimed at the National Guimet Museum in Paris, POLA MUSEUM ANNEX and Mitsukoshi Ginza in Tokyo and many other places.

"In ancient times, written words in Japanese were thought to be more than just signs. The very act of writing carried a special meaning that was associated with ritual ceremony, and only certain special chosen people were allowed to perform writing. People in antiquity believed that the written word contained powerful energy. " <Rieko Kawabe>

While Kawabe also serves as a Shinto priest, she is familiar with ancient characters which used to be recognized as symbolic figures connecting the spiritual world to society.By looking at her work, the letters described as running lines, splashed dots in strongly brushed and dripped sumi ink seem as if they were derived from another world. In recent years, She also works on canvas with acrylic and oil paintings to create in a more pictorial format. In her "KOTOTAMA" series, the numerous ancient words fantastically float over the surface and although they lead us to an abstract visual experience, at the same time, they give a strong sense of letters even though they are unreadable.

The Japanese art scene has been struggling to reflect the Western values in the Japanese art since the Modern era. As a consequence, the innate aesthetic derived from primitive times has been avoided as an irrational matter. However nowadays it seems that authentic values of Japanese culture have been revived and are required by the public. In such a period of transition, Kawabe evokes the original aesthetic and significance of life through her unusual body of work. At this time, more than 20 art works including a new series of "KOTOTAMA" are to be shown at once.

CURRENT | UPCOMING | PAST