Melancholy

web_03.pngmenu_space_03.pngmenu_05.pngmenu_05.pngmenu_space_03.pngmenu_03.pngmenu_03.pngmenu_space_03.pngインスタグラム ロゴ.psdインスタグラム ロゴ.psd


menu_12.pngmenu_12.pngmenu_space_03.pngmenu__14.pngmenu__14.pngmenu_space_03.pngmenu_16.pngmenu_16.pngmenu_space_03.pngmenu_18.pngmenu_18.pngmenu_space_03.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_space_03.pngmenu_20.pngmenu_20.png

Melancholy

1206_shigeno.jpeg
「旅館」 2011, 40 x 31cm, 絹本着彩

重野克明 / Katsuaki Shigeno
2012年6月12 (火) - 30日 (土)
レセプション 6月12日 17:30 - 19:30

★展示会場にご注意ください
 Showcase MEGUMI OGITA GALLERY 東京都中央区銀座5-4-14銀成ビル4F

昨年Showcaseで発表した「ローズワールド・色付」では、淡い水墨画や文人画のような水彩の表現で、手に入らないものへの憧憬を描きました。モノトーンより少し明るい色調で彩られた作品は、追い求めることで芽生える希望と幸福の儚さを映し出しました。

およそ一年ぶりとなる今展では、色彩が排除され、濃い霧のようにぼんやりと深い闇の中で、孤高の美感によって生かされている者の姿を描いた作品を発表いたします。戦後の圧倒的な貧しさの中で不遇の生活を送りながらも、日常の言葉を紡ぎ続けた歌人石川啄木を評し、重野は憧れにすらすがることのない、より孤独で愚直な生の営みの在り方を探ります。

『悲しい歌やメランコリックな絵画で日常の生活の力を得る人間は平和に慣れてしまった人ではないか。私はそれを好む。自分のためにそのような絵を描き、慰め、それを他人に押し付けてしまう。表す素材によってその趣は変わるが、より映像的な表現を求めた結果、絹地に墨を選択した。少し古い記憶の場面を濾過して掬い取り、煮こごりのようになったときに、作品が生まれる。』

絹本に滲んだ墨の濃淡で描かれた作品は、壁に浮かんだしみのように不可思議で古めかしく、過去の記憶が同化するようなどこか懐かしい錯覚をおこします。ノスタルジックなベールに包まれて、薄暗い世界に立ち尽くし、横たわる人物達は、それでも存在するために戦いながら生きる者の、透徹とした美しさを放ちます。 作家としての信念を持つ事が難しい社会の中で、重野は果敢に筆をとり、存在することと美の関係を問い続けます。重野克明の「メランコリー」をどうぞご期待下さい。

Katsuaki Shigeno completed MA Printing Course of Tokyo National University of Arts in 2003. He creates his art work by a variety of means such as choreography, lithography, oil painting and drawings.

His broad range of work and the unique interpretation of reality let him also works as a book illustrator and a stage designer. At this time, Shigeno shows his most recent series of monotone work created with Japanese sumi ink on silk. The medium helps the artist to gain misty and mysterious expression which reminds us of old Japanese ink painting and Chinese Bunjin-ga Painting. At this time He creates a series of works describing about people who live and fight against loneliness without losing their dignity.

"I like the fact that we have all got used to comforting ourselves by listening to sad songs or looking at gloomy paintings.That is why I also create somehow depressing work to solace my own heart and sometimes I feel eager to share it with other people. I chose to use sumi ink and silk for this series to achieve a cinematic effect. I filter and collect my memories from the past, then wait until it becomes a piece of work. "

CURRENT | UPCOMING | PAST